ホビー

公開初日【ARIA The BENEDIZIONE】を観てきた話

ぶれあ

こんにちは管理人のぶれあです!

 本日は私の人生のバイブルとも言える【ARIA】という作品の映画最終章を観てきましたので感想を記事にしました!!!

 レビューには少しネタバレもあるので注意して下さいね!

 ARIAは本当に心温まる世界の作品なので皆さんに見て癒されてほしいですね♪

ARIAってどんなアニメ?

いつからやってたの?

 ARIAは2001年~2008年にかけて月刊誌で連載された作品です。

 正確には2001年にAQUAというタイトルでしたが2002年よりARIAに変更されました!

 ちなみに漫画のイラスト本当にきれいです!

 アニメ放送は2005年~現在の映画までですね。テレビは全3期の放送がされました

あらすじ

 作品の舞台は2301年にテラフォーミングされた火星【アクア】になり9割が海に覆われた水の惑星として知られています。

 そのアクアの観光都市であるネオ・ヴェネツィアに惑星マンホーム(地球)から来た主人公である水無灯里がゆっくりと流れる四季の中で一人前の水先案内人(ウンディーネ)を目指すというものです。

水先案内人

 水先案内人とはネオ・ヴェネツィアへ観光に来たお客様をゴンドラに乗せて町中を案内するお仕事です。

 ウンディーネには階級があり ペア(見習い)→シングル(半人前)→プリマ(一人前)となります。

 仕事中では分かりやすいように手袋で表しています(両手=ペア 片方だけ=シングル なし=プリマ)

 原則プリマ(一人前)にならないとお客様を乗せることはできませんがプリマが同乗していればシングル(半人前)でもお客様を乗せることができるようです。

火星猫

 惑星アクアには火星猫と呼ばれる猫がいて人の言葉を理解することができます。また水先案内人の会社には必ず1匹の猫がいて社長と呼ばれています。目が青くアクアマリン色に見える猫は航海のお守りとされており仕事の安全を祈願して社長にされています。

会社

作中では水先案内人が仕事をする会社がいくつか存在します!大きく分けて3つの大手会社になっております♪

ARIAカンパニー

 主人公の灯里が務めるARIAカンパニーには水先案内人の3大妖精と呼ばれるアリシアが先輩になっています。今は引退しましたがレジェンドやグランマとも呼ばれる天地秋乃が創始者です。秋乃はもともと姫屋で働いていましたが独立してARIAカンパニーを作りました!猫の名前はアリア社長です。

姫屋

 主人公の同期である藍華がクイーン(藍華母)の跡取り予定であり最古の老舗です。また3大妖精でありアリシアと同期のもここで働いています。猫の名前はひめ社長ですね!アリア社長がぞっこんです笑

オレンジプラネット

 主人公の後輩であるアリスが働いていて最年少です。また、3大妖精でアリシアや晃と同期のアテナも働いています。社長の名前はまぁ社長です。まぁー!って鳴くので可愛いです笑

映画

 ARIAは【蒼のカーテンコール】という映画プロジェクトをしています!

 全3部作の映画化をしており

・1作目:ARIA The AVVENIRE

・2作目:ARIA The CREPUSCOLO

・3作目:ARIA The BENEDIZIONE←New!

 となっています。

 1作目はARIAカンパニー、2作目はオレンジプラネットに焦点を当てた内容になっています♪

 となると3作品目は姫屋ですね!

初日舞台挨拶

 今回の映画は【蒼のカーテンコール】というプロジェクトの全3部作の映画で構成されている最終章ARIA The BENEDIZIONE」です。

 本日12月3日が公開日ということで新宿ピカデリーにて舞台挨拶がありました!

 登壇者は皆川純子さん(晃役)、中原麻衣さん(あずさ役)、葉月絵理乃さん(灯里役)、広橋涼さん(アリス役)、佐藤順一総監督、名取孝浩監督 ※斎藤千和さん(藍華役)はコメント出演でした。

 司会の方の進行で登壇者の方々からARIAの深い話を聞くことができました!

 登壇者の方々も言っていましたがARIAの世界は心地よいので表現が難しいんですよね笑 とても素敵な世界観の話で心温まる話ばかりなのでこれは見た方にしか分からないと思います。。。

 皆川さんのARIAはこれが最終章ではない!あくまで通過点であると言っていたのがとても胸に残りました。佐藤総監督が音楽制作をChoro Clubさんにお願いした時もARIAの素敵な雰囲気のBGMを再現してくださったとの事で作品が愛されているのがよく分かりました!

 皆川さんが人生のバイブルとも言ってくれていたので私も同じ思いですごくうれしかったです!

 そして最終章の「BENEDIZIONE」の 意味が祝福という意味らしく最後らしい本当に素敵な言葉だなと感じました♪

映画の感想【軽いネタバレあるかもです】

 今回は姫屋の晃と藍華に焦点を当てたストーリーになっています。

 まずミドルスクール2年だった頃の藍華ちゃんがすごく拗らせてたのは意外でした!この頃のストーリーは語られることがなかったですからね!詳細まで話しませんがすごく新鮮な内容でした!

 藍華ちゃんは水先業界の老舗である姫屋の娘に生まれたことから周りの期待に応えないといけない重圧があったので作中を見ていて心が痛みました…

 ここがすごい好きだったんですけどクイーンのあなたは優秀なのに頑張り屋さんねと言っていましたが晃の頑張ったから優秀になったと言った言葉は本当に胸に残りました。晃は同期3人の中でも最後に一人前に昇格、才能も凡だと自覚していた事から苦悩がたくさんあったのでどれだけ努力したんだろうと考えさせられました。

 晃にはいつも勇気をもらえますね…

 アニメ放送でもありましたが晃は藍華ちゃんに昔の自分を重ねて見えていたので藍華ちゃんの「私は優秀なんかじゃない」と言っていた気持ちがすごく分かっていたのが見てるこっちも胸が締めつけられました。。。私からしたら2人ともずっと努力してるようにしか見えないです…

 晃も実は一人前になれなかった時に落ち込んでいた事がありましたよね。同期が一人前になっていき置いていかれた気持ちになった晃は四葉のクローバーに願掛けをしようと探しましたが三つ葉しか見つからなくて落ち込んでいました。そんな時にまだ幼かった藍華ちゃんが薔薇のはなびらを1枚足して三つ葉を四葉にしました。これで願いが叶うね!と元気づけられたシーンは本当に泣ける話でしたね。。。しかも幼かった藍華ちゃんは忘れてしまっているけど晃だけがずっと覚えているのがいいですね!

 この師弟関係は見ていて本当に仲良しだと改めて実感させられました。。

 藍華ちゃんはもともと主人公の灯里ちゃんが働くARIAカンパニーの先輩であるアリシアさんがきっかけで一人前の水先案内人(ウンディーネ)を目指すようになりましたが目標は晃なんですね♪

 ちなみに昇格試験の結果はアニメ放送でも出ていますが映画では試験の内容についても語られているので本当に感動した内容でした!

 晃と藍華ちゃんの絆がいつにもまして本当にまぶしく見えました…

 いつか藍華ちゃんが晃を越えるその日が楽しみですね。。。

 

 ちなみに最後のEDでは牧野由依さんのウンディーネの2021verが流れましたね!

 映像も過去のアニメの切り抜きが出てきて本当に懐かしむことができました!

 あ、映画では天野先生の浪漫倶楽部のキャラもゲストで出ているのでファンの方も驚くと思いますよ!

 拗らせた藍華ちゃんや昇格試験の詳細が気になる方はぜひ劇場へ見に行ってくださいね♪

まとめ

 まとめというかもう本当にARIA終わらないでほしいの一言ですね…

 漫画は絵が綺麗で素敵なストーリーだしアニメは音楽もうまく溶け込んでいてヒーリングアニメとも呼ばれていたほどです。

 この作品の物語はたくさんの奇跡が起こるので綺麗事だというのは分かっているんですけど助け合ったり認め合ったりそんな優しい世界があったら本当に素敵だなと思いながら疲れた時にふと見たくなります。

 作者の天野さんは少し前に「あまんちゅ」が完結しましたが次はどんな作品を出してくれるのか楽しみにしています。

 ではまた次回お会いしましょう!

 12/5 追記 公開日から毎日見に行って1週目入場者特典全部コンプリートしました!

       しかも12/11の舞台挨拶2回とも当選したので楽しんできます!

 12/11 追記 舞台挨拶を2回見に行ってきました!特典は晃と藍華でした♪

 1回目がD列で2回目がE列だったのですごく間近で見ることができて嬉しかったです。 今回もCREPUSCOLOに引き続きARIAの大ファンであるウェザーニュースの檜山沙耶さんが司会進行をしてくださっておりました。ARIA好きなだけあってあの世界観を言語化してスムーズな進行だったので完璧すぎましたね。。。佐藤総監督による晃役の皆川さんが「月に代わっておしおき」ってセリフが入る予定でしたが没になったという裏話が聞けましたね。

 ちなみに姫屋のローズガーデンの入り口にはよく見ると英語で【HIMEYA ROSEN】って書いてあったのが見えたのが凝ってましたね。

 ちなみに1週目のミニゲームであるアハ体験は3つしか見つけられませんでした。(空のカモメ、藍華の髪、アリア社長の瞳)

 2週目ミニゲームの横切ったものは何か当てるクイズは最後の3問目が鬼レベルでしたね。1問目:姫社長の姿をしたアリア社長、2問目:1週目アハ体験の時の瞳色が逆になったアリア社長、3問目:先輩(アリシア、晃、アテナ)3人分+主人公同期(灯里、藍華、アリス)3人分=6匹の姿をしたアリア社長でした。



▼この記事が参考になったらクリックしてくれると嬉しいです▼
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村